31362 normal 1442310797 koushien

DevLOVE現場甲子園2015「東北大会」

2015-10-10(土)12:00 - 18:00

NECソリューションイノベータ東北支社

宮城県仙台市青葉区一番町1-10-23(TM小田急ビル)

uyat♪ Takashi Matsuura Masashi Shima Katsushiro Koizumi Satoshi  Mitsumori 早坂則泰 Yosuke Matsuura 木村 忠宏 takagerbera Takahiro Hayasaka 立花 拓也 渡邉和明 田中賢治 田中洋一郎(IT&太極拳) Mako  Karube Yuya Sone + 16人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

学生(学生証提示をお願いします)
500円 会場払い
一般
2,000円 会場払い
スタッフ・発表者
無料
参加費は、遠隔地からの話し手の交通費、お菓子代に利用します。

開催後まとめ

togetter

http://togetter.com/li/885346

発表者のスライド

立花さん

http://www.slideshare.net/biatunky/ss-53762338

森さん

http://www.slideshare.net/hidetoshimori/ss-53763208

佐々木

http://www.slideshare.net/chachaki/120151010-devlove2015

菊池さん

http://www.slideshare.net/TakaGerbera/20151010-devlove-kohshien-2015-tohoku-53763334

参加者などのブログ記事

田中さん

http://tanakalivesinsendai.blogspot.jp/2015/10/devlove2015.html

佐々木

http://blog.chachaki.net/archives/45671125.html

集え、現場の実践者たち。

今回は、2013年、2014年と開催されてきたDevLOVE現場甲子園を、初めて東北で開催します!

2013年: http://devlove.doorkeeper.jp/events/5464
2013年たてらぶ: https://devlove.doorkeeper.jp/events/7335
2014年東日本大会: http://devlove.doorkeeper.jp/events/11792
2014年西日本大会: http://devlove-kansai.doorkeeper.jp/events/12334
2014年日本シリーズ: https://devlove.doorkeeper.jp/events/16200

DevLOVE現場甲子園とは

DevLOVE現場甲子園では、現場各地から 挑戦者 に集まってもらいます。そう、話し手は、どこか遠くの成功者ではありません。現場での実践者です。

直面した課題と実践した工夫、挑戦の途上。それぞれの現場を越えて一同に会し、互いに自分にしかできない話をしてもらいます。そうすることで、参加するあなたの現場と話し手の現場、その「現場のDiff」をとることができると考えています。

発表者10人!全10話!

現場での挑戦を披露しあうことで、互いに刺激を得て、またそれぞれの現場での活動へと繋げていく場を目指します。そう、さながら夏の甲子園の如く、現場各地から集まり、己の技を存分に見せ合うのです。

参加者にとっても、話し手にとっても、この場で得られるフィードバックは明日の前進をあと押しする力に、きっとなることでしょう。

5つのテーマ = 5チーム!

5つのテーマ 「IT活用、事業現場支援、開発現場支援、サービス、受託開発」 (内容は募集要項参照)に基づき、5チームを構成します。

5つのテーマはそれぞれの現場が抱えている共通の問題領域といえます。これを1つのチームと見立てて、話し手も聞き手も互いの課題と工夫について、意見を交わしあえる場にしたいと考えています。ぜひ会期後も続いていくような集まりに皆さん自身で作っていってください。

発表要項

  • 発表者は以下のテーマ(チーム)に分かれて発表を行います。
  • 当日は2トラックをパラレルトラックで実施します。

    • IT活用チーム: ITを活用して他業界の現場を盛り上げている方々
    • サービスチーム: 自社サービスを開発することを現場としている方々
    • 受託開発チーム: ITシステムを受託開発することを現場としている方々
    • 事業現場支援チーム: 事業の現場をもっとよくすることを現場としている方々
    • 開発現場支援チーム: 開発の現場をもっとよくすることを現場としている方々
  • 発表時間は 25分 となります。話の途中であっても終わります。

  • 全参加者は 80名 程度を予定しております。この参加者が2トラックに分かれる形をイメージしております。

諸注意

  • 会場では、他の階に立ち入らないようにお願いします
  • 施設内は 全面禁煙 となります。

スタメン(発表する皆さん)

※打順(発表順)は検討中です。タイトルも仮のもので、変更する可能性があります。

<IT活用トラック>

トライポッドワークス株式会社 菊池崇仁さん

宮城県仙台市のITベンチャー企業「トライポッドワークス株式会社」に勤めるエンジニア。スマートデバイスおよび画像/映像を中心としたソフトウェア開発業務の傍ら、東北情報セキュリティ勉強会の主催を通じたITコミュニティ活動を精力的に行うなど活動の幅は広い。

ジョニー さん

家電のソフト開発を経て、車載部品のソフト開発現場のマネージャーとして悪戦苦闘中。愛知から盛岡に赴任、宮城、岩手の人達とふれあい、東北の為に何かできないか奔走中。

<サービストラック>

株式会社ヘプタゴン 立花拓也さん

代表を務めるヘプタゴンでは、青森と宮城を拠点にクラウドサービスのフルマネージドサービスを提供し、東北では初となるAWSのコンサルティングパートナーに認定されるなど、地方に適した形でのクラウドの導入をサポートしています。また、個人的にはJAWS-UGや青森県内のイベントなどを中心にコミュニティ運営などを行っています。

株式会社ZIG 森 英寿さん

10年のSIer経験を経てサービスプロダクトエンジニアに転身。
2008年、Twitterクライアント"SOICHA"を開発。2014年、スタートアップの株式会社ZIGのCTOに従事。"zignote."を開発・運営を経験。
現在、ザッピングプラットフォーム"Zappers"を企画・開発。

<受託開発トラック>

株式会社メンバーズ 早坂 貴大 さん

社内では受諾開発案件を主に担当。 開発のみならず、インフラ構築や保守、人材の教育も担当。 TwitterやGithubは「Nully」として活動。

井上岳大(フリーランスエンジニア) さん

仙台のSIer勤務を経て、2014年4月よりフリーランスエンジニア。
DDD(ドメイン駆動設計)やTDD(テスト駆動開発)を活用し、全国各地のエンジニアとリモートワークで受託開発を行っている。
コミュニティ活動としてはTDC(東北デベロッパーズコミュニティ)やDevLOVE仙台の運営に携わりながら、DDD勉強会in仙台やTDD勉強会in仙台を主催している。
DDD Alliance 設立メンバー。

<事業現場支援トラック>

白岩靖史(仙台市職員/グローバルラボ仙台共同創設者)さん

仙台市役所入庁後、区役所勤務を経て、政府系金融機関にて地域開発支援業務に従事。
市政企画などの業務を経て、2011年5月から仙台とフィンランド共和国の連携事業を担当。
海外特にフィンランドとのパイプを生かし、グローバルな視点を持ったIT分野の若手エンジニア育成と地元企業の海外展開を支援するべく、グローバルラボ仙台(GLS)を設立。市側の担当者として走り回っている。

一般社団法人MAKOTO 島征史 さん

大学卒業後、人材系のベンチャー企業で法人営業に従事。
今春からMAKOTOにジョインし、主にクラウドファンディングサイト=チャレンジスターの運営に携わる。

<開発現場支援トラック>

株式会社Ruby開発 佐藤 洋行 さん

社内では受託開発担当のほか、開発環境の整備を行っています。また、プライベートではリポジトリ管理ツールのGitLabにコントリビュートしていて、GitLab 5.1のMVP に選ばれました。

ギルドワークス株式会社 佐々木 将之 さん

2010年からDevLOVE、2011年からhcdvalueのコミュニティの裏方をやっていて、2014年8月からギルドワークス株式会社にジョインしました。DevLOVE仙台の裏方でもあります。
ユーザー体験をベースにした「ソフトウェア開発」をするエンジニアでありつつ、コミュニティ裏方をやってます。

時間割

以下は仮です!当日までに変更の可能性があります。

時間 Aトラック Bトラック
12:00 - 12:30 受付開始
12:30 - 13:00 開会宣言(趣意説明)
DevLOVE甲子園について<DevLOVEファウンダー:papandaさん>
選手宣誓
各チームの説明
13:00 - 13:10 休憩
13:10 - 13:35 一回 IT活用トラック
菊池崇仁さん
自社製品とカメラが繋ぐ、"開発"と"ユーザ" 二つの現場
現在トライポッドワークスではカメラモニタリング製品「ViewCamStation」を中心としたカメラ事業を展開しています。この製品の事例から、自社製品開発の現場と製品を利用する利用者さんの現場の二つで直面した課題や苦労話についてお話しできればと思います。
IT活用トラック
ジョニーさん
気付いていない宝の山、東北
東北ならではのニーズをもとに、世界で活用できる製品作りの組織作りの提案。
13:35 - 13:45 休憩
13:45 - 14:10 二回 サービストラック
立花拓也さん
東北で3年間クラウドのフルマネージドサービスやってきて感じたこと
地元青森でUターン起業をし、クラウドを活用したインフラの構築、運用などを行うフルマネージドサービスをエンジニア社長としてやってきました。20代での起業やITインフラやクラウドでのサービス、ITコミュニティとの関わりなどこれまで感じてきたことをお伝えしたいと思います。
サービストラック
森英寿さん
プロジェクト管理しないという提案
リーンスタートアップサービスにおいてグロース戦略に細かいPDCAを回す必要があり、計画変更・仕様変更には様々なストレスがかかるものです。弊社では、敢えてプロジェクトを全く管理しないという手法をとっており、それがサービス開発及び運営に対してどういう作用を及ぼすのかをお話したいと思います。
14:10 - 14:25 休憩
14:25 - 14:50 三回 事業現場支援トラック
白岩靖史さん
グローバルラボ仙台の挑戦 これまで、そしてこれから
仙台市では海外とのパイプを最大限生かし、地元民間企業や大学専門学校等の協力のもと、グローバルラボ仙台プロジェクト(GLS)を推進しています。今回はこれまでの進展と、今後何を目指していくか、その概要についてお話しいたします。
事業現場支援トラック
島征史さん
新規ビジネス立ち上げにおけるクラウドファンディングの活用
一般社団法人MAKOTOでは、3年弱、クラウドファンディングサイトを運営しております。 その経験を基に、クラウドファンディングを活用し、新規事業の立ち上げやビジネスの加速に成功した事例をいくつかご紹介致します。
14:50 - 15:05 休憩
15:05 - 15:30 四回 開発現場支援トラック
佐藤洋行さん
(株)Ruby開発の現場を支える技術
(株)Ruby開発では、遠隔地にいる社員同士が協調しながらソフトウェアの開発を行っています。 そのような環境で、高品質なソフトウェアを素早く開発するために、社内で採用しているクラウドサービス、開発ツール、アジャイル開発手法などについてお話します。
開発現場支援トラック
佐々木将之さん
主人がギルド開発をするようになって1年が過ぎました
仲間が立ち上げた会社に半年遅れでジョインして、1年が経ちました。「正しいものを正しくつくる」を理念に掲げて日々活動しています。「ちゃちゃきさんはコード書いてるイメージがない」と言われつつ、時にコードを書き、時にユーザー調査をし、時にギルドメンバーととも開発を進めています。そんなギルド開発の一旦をお話しようと思います。
15:30 - 15:45 休憩
15:45 - 16:10 五回 受託開発トラック
早坂貴大さん
大規模受諾開発をアジャイルでやってみてわかったこと
メンバーズでは遠隔地にいる社員が実際に経験したことを元に、大規模受諾開発をアジャイルやってみてわかったことを本来の受諾開発との違い、苦労したことなどをお話します。
受託開発トラック
井上岳大さん
ドメイン駆動設計の実践〜リモートワークで受託開発〜
フリーランスという立場で仙台を拠点に全国のチームメンバーとリモートワークで受託開発に取り組んでいます。現場で様々な問題に直面しながら、ドメイン駆動設計(DDD)をどのように実践してきたか、また実践して見えてきた課題や今後の展望などについてお話ししたいと思います。
16:10 - 17:00 参加者ダイアログ
17:00 - 17:30 本日の再演賞(どうしてももう1度聞きたい賞)
17:30 - 17:50 閉会宣言
17:50 - 18:00 終幕

各回の構成

  • 1回25分です。枠のあいまに入替時間が5分あります。
    • 25分単位でドラかサイレンを鳴らします。

ロゴ写真

https://flic.kr/p/5bQAn7 より引用しました。

コミュニティについて
DevLOVE仙台

DevLOVE仙台

仙台の、開発現場のためのコミュニティです! DevLOVEは、2008年6月21日、東京から始まりました。 DevLOVE仙台は、2012年11月3日から立ち上がりました。 DevLOVEとは、開発(Develop)を愛する人たちの集まりです。 この集まりでは、開発の楽しさを再発見し、広げるために、下記2つの コンセプトのもと、明日の開発の現場に役に立つことを目指した勉強会や イベントを開...

メンバーになる